24時間テレビ

24時間テレビ募金の使われ方や寄付先は?ギャラになるって本当?

 

こんにちは!

毎年夏の風物詩となっている24時間テレビ、2020年の今年も様々な企画が話題を呼びましたよね。

24時間テレビでは「募金」が重要な位置を占めていますよね。

チャリティーなので当然なのですが・・・

ただ、私たち視聴者からすると、「この募金はどう使われるの?」「本当に寄付されるの?」「出演者のギャラになるんじゃないの?」なんて疑問も出てきます。

現にこのような疑問の声がたくさん上がっています・・・

そこで今回は、「 24時間テレビ募金の使われ方、寄付先は?過去の募金額も調査!」と題して、24時間テレビ募金について調べていきたいと思います。

それでは早速見ていきましょう!!




 

24時間テレビ募金の使われ方は?

24時間テレビの募金の使われ方について、24時間テレビのホームページでは、以下のように記されています。

皆様からお預かりした寄付金は、経費を差し引くことなく、支援活動に活用させていただきます。

つまり全額寄付などの支援活動に使いますよ、それ以外には使いませんよ、というわけです。

果たしてこれが表向きなのか?というのはテレビ局のみが知るところなのでしょうが、毎年SNS上で発信されている「募金がギャラに使われている」という話はどこからきているのでしょうか?

チャリティーを謳う24時間テレビですが、出演者にはきっちりギャラが支払われているそう。

2018年に24時間テレビに出演したYOSHIKIさんは、チャリティー番組だからとギャラを貰わずに出演した事がネットニュースになりました。

出演者の実際のギャラ金額については定かではありませんが、YOSHIKIさんのエピソードからも、通常はギャラが支払われているということがわかりますよね。

24時間テレビは話題の芸能人を多く起用するため、ギャラも高額になることが推測されますから、「寄付してもギャラに使われるのでは?」という声が上がってもおかしくないですよね。

ただし、24時間テレビには多くのスポンサーがついており、日本テレビ側もスポンサー収入が見込めます。基本的にはスポンサー収入からギャラが支払われると考えておかしくないでしょう。

24時間テレビ側は「全額支援活動に使う」と言っていますから、これを信用して寄付をするか?はやはり個々の判断になりますよね。




 

24時間テレビ募金の寄付先は?

ギャラに使われているのでは?という疑惑もありますが、実際に支援活動に募金が使われているのも確か。

24時間テレビで集まった募金は、一度「24時間テレビチャリティー委員会」に集まり、そこから「福祉」「環境保護活動」「災害復興」に使われています。




福祉車両や車椅子を寄付している話を聞いた事がある方も多いのでないでしょうか?

2020年の今年は、コロナの影響もあり、医療施設への寄付が多くなる予想です。

まとめ

「24時間テレビ募金の使われ方や寄付先は?ギャラになるって本当?」についてお届けしました!

スポンサー収入も高額になるため、ギャラはそこから支払われている可能性が高いこと、募金は「福祉」「環境保護」「災害復興」に使用されているようです。

今年はコロナの影響で、寄付先は医療機関がメインになりそうですね!

キャッシュレス寄付など、現金以外の寄付方法も増え、気軽に寄付ができるようになりました。賛否両論、様々な意見がありますが、募金で一人でも助かる人が増えて欲しいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

moeko
夫と暮らすアラサー兼業主婦です。トレンド記事を中心に、日々の気になるニュースをお届けしています。